トイガンカスタム・空想銃デザイン工房。

デリンジャー和カスタム"染井吉野・河津"

マルシンのデリンジャーをベースに「桜をモチーフにした和風デリンジャー」をイメージして製作したワークショップカスタム。

※今作品は月刊アームズマガジン2021年6月号&2021年7月号掲載記事「空想銃製作指南 YURI CUSTOM WORKSHOP」にて製作過程について前後編に分けて詳しく解説しています。

完成:2021年3月

▼雑誌記事の作例・第六弾!
(製作概要)

ご存知エアガン&ミリタリーの雑誌月刊アームズマガジン内の拙執筆記事「Yuri Custom Workshop 2nd season」で空想銃のカスタム製作例として製作工程を解説させて頂いた作品です(*´ω`)

同記事では一つの空想銃カスタムの企画から完成までを写真付きで紹介していくもので、初心者の方でも記事を参考にカスタムにチャレンジしてもらいやすいように、できるだけ(製作的に)やさしい内容の作品にしています。たぶん。

今回第六弾はデリンジャーの和カスタム「染井吉野・河津(そめいよしの・かわづ)」!代表的な桜の2品種をモチーフに、二丁のデリンジャーのコンパクトで優美なデザインを活かしつつ和風に仕上げた作例です(*´ω`)

薄いピンク色のもっともメジャーな桜の品種が染井吉野(そめいよしの)。これと後述の河津をモチーフに、二丁セットの和風カスタムに仕上げることにしました。

染井吉野ほどメジャーではないですが、濃いピンク色が美しい河津(かわづ)桜。

ベース銃は、極めてコンパクトで優美な形状のレミントンダブルデリンジャー。

ベース品はマルシンのXカートデリンジャー。今回はこれに和風の「桜」をモチーフとしたアレンジを加えてオリジナルカスタムに仕上げていきます。

製作開始から最終完成まで約1ヶ月。完成した作品とコンセプトは次ページにて。

詳しい製作工程については「月刊アームズマガジン2021年6月号、2021年7月号」をご購読くださいませ~(*´ω`)

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年6月号

巻頭特集:エアガンカスタム完全攻略~東京マルイグロック17&ハイキャパ編~
ガスブローバックハンドガンの中でも東京マルイのグロック17シリーズとハイキャパシリーズは実射性能の高さとカスタムのしやすさ、豊富なバリエーションとカスタムパーツの多さから絶大な人気を誇る。

そこで今回は、このガスブローバックハンドガン2大巨頭のカスタム方法をフィーチャー。機種別の特徴からパーツの互換性検証、分解方法、カスタムポイント、編集スタッフ&ライター自慢のカスタムガン、お薦めカスタムパーツまで徹底網羅。グロック&ハイキャパオーナーなら必読の内容だ。

【表紙】本庄 鈴


発売日: 2021/4/27

月刊アームズマガジン2021年6月号

▼雑誌:月刊アームズマガジン2021年7月号

巻頭特集:64式小銃&航空自衛隊 基地警備教導隊
航空自衛隊で基地警備の研究と教導を担う精鋭部隊、基地警備教導隊を取材。大口径64式小銃を用いた最新の近接戦闘・閉所戦闘テクニックを豊富な写真でリポートする。

あわせて、自衛隊初の国産制式小銃、64式小銃にも改めてスポットを当てる。ここ最近、トイガン化が相次いだ往年の名銃の魅力と遊び方、そして毀誉褒貶の多い実銃の評価について――64式小銃のすべてに迫る。

【表紙】本庄 鈴、唯井まひろ


発売日: 2021/5/27

月刊アームズマガジン2021年7月号

Copyright @ 2021 Yuri-Harunobu all rights reserved.